東海地方総合情報サイト・東海地方観光情報、東海地方タウン情報から東海地方生活情報まで網羅

>> 言語選択メニューを表示
カテゴリーから探す
キーワードで探す
東海地方のエリアから探す

東海でも翻訳はRemarRRC
[PR] 東海でテレビCM流そう!

東海でのラジオCMはこちら!
[PR]那覇レンタルオフス[StartUP]
[PR]ベトナムオフショア開発なら
[PR]海外進出したいなら
[PR] 東海印刷デザイン
[PR] 東海効率的クロスメディア提案
[PR] 東海不動産向けHP98,000円
[PR] 東海対応ホームページ制作
[PR] 学校向けホームページサービス
[PR] アンケート/予約/フォーム
[PR] 着せ替えカーフィルム
[PR] 英会話を勉強したいなら。
[PR] 東海の婚活パーティを検索
[PR] 世界各地を旅するエッセイ

>> 東海地方のお店・会社をPR投稿する
資格を取ろう!専門学校を探す
北海道 専門学校 入学資料一括資料請求スクナビ
東北地方 専門学校 入学資料一括資料請求スクナビ
関東 専門学校 入学資料一括資料請求スクナビ
東海道 専門学校 入学資料一括資料請求スクナビ
関西地方 専門学校 入学資料一括資料請求スクナビ
四国地方 専門学校 入学資料一括資料請求スクナビ
九州地方 専門学校 入学資料一括資料請求スクナビ
沖縄地方 専門学校 入学資料一括資料請求スクナビ
全国 専門学校 入学資料一括資料請求スクナビ
東海地方タウンネットモバイル版

<<【携帯用】
東海地方タウンネットを持ち歩く。

<< 【スマホ用】
東海地方タウンネットを持ち歩く。
いつでもどこでも気軽にピピッと検索。クーポンもね。
他のエリアのタウンネット

東海地方関連のプレスリリースの紹介

プレスリリースとは、各社から新聞、テレビ、ラジオ、雑誌などのメディアに 自社の新商品や、新サービス、キャンペーンなどの情報を提供する時点の情報です。 当サイトでは東海地方関連のニュースソースだけをピックアップして紹介しております。  …情報配信元:ドリームニュース
■[岐阜県]飲むスイーツのお店「Petit Reve」から和風新作スイーツ『飲む抹茶ケーキ』を販売します。
[新製品発表][飲食、料理]
 
報道関係者各位令和元年9月20日株式会社Realize株式会社Realizeの新事業である飲めるスイーツのお店「Petit Reve」では、新作『飲む抹茶ケーキ』を発売いたしました。『飲む抹茶ケーキ』600円(税込)話題の『飲...

 

報道関係者各位
令和元年9月20日
株式会社Realize

株式会社Realizeの新事業である飲めるスイーツのお店「Petit Reve」では、新作『飲む抹茶ケーキ』を発売いたしました。

『飲む抹茶ケーキ』600円(税込)
話題の『飲むケーキ』シリーズ最新作!Petit Reveの定番商品である『飲むショートケーキ』などの『飲むケーキ』シリーズと同様に、ケーキを“食べる”ではなく“飲む”新感覚スイーツです。高級な抹茶の粉や黒糖を使用し、上品な甘さの『飲むケーキ』です。「飲むケーキにもタピオカを入れて欲しい」というお客様の声をもとにこの新作にはタピオカもトッピングしています。モチモチのタピオカが白玉団子のような役割を果たし、新感の覚和風スイーツです。

【Petit Reveとは】
店名の「Petit Reve」にはフランス語で”小さな夢”という意味があり、流行りのお店が少ない岐阜に住む女の子たちにも、かわいいスイーツを食べたり、写真を撮ったりといった都会と変わらない楽しみを提供したいという想いがあります。

お店で扱う商品は全て飲み物となっており、メインの商品はショートケーキやチーズケーキなどケーキを飲みものにした商品です。
その他にも、ソフトドリンクとしてタピオカミルクティーなども用意されています。
価格は500円前後のワンコインの価格帯となっており、子どものお小遣いでも買えるように設定されています。

店内は白とピンクを使ったファンシーなつくりで女の子が喜ぶお店となっており、Instagramを中心としたSNSコミュニティに貢献できるお店を目指しています。充電スポットやWi-Fi環境も完備し、スイーツだけでなくSNSも楽しみやすくなっています。また、誕生日会やパーティーなど持ち込みやお席のご予約も可能です。

「Petit Reveオーナー」
鴨井 拓也
(株)Realize 代表取締役
大学在学中に起業し、東京から岐阜に移住する。
学習塾「慶早進学塾」の経営者で若手起業家。

「Petit Reveプロデューサー」
郷 綾華
岐阜県出身のインフルエンサー。
大学進学を機に上京。大学卒業後、岐阜にてPetit Reveをプロデュースする。
現在、東京と岐阜を行き来しながら活動している。

■店舗概要
店名:Petit Reve
住所:岐阜県岐阜市東金宝町1-15 チサンマンション112
TEL:058-216-5202
URL:https://twitter.com/petit_reve1
https://www.instagram.com/petitreve_gifu/

【会社概要】
会社名:株式会社Realize
代表者:代表取締役 鴨井 拓也
所在地:〒500-8847
岐阜県岐阜市金宝町1-8 プレシャスアカオ2F
TEL  : 058-215-5541
FAX : 058-215-5541
E-Mail : info@keio-waseda.jp
事業内容:中学生・高校生を対象とした学習塾の運営
スイーツカフェ店の運営





配信元企業:株式会社Realize
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ
 株式会社Realize
[Fri, 20 Sep 2019 16:00:00 +0900]

■[静岡県]“手すり”の端材を使用 高さ1.5mの模型 今年は3カ所に寄贈 黄金の天守閣プロジェクト 介護リフォームでシニアに元気づけ 増加しつづける要介護者 居室、階段・・・家庭内事故は7割以上
[イベント・セミナー][医療、福祉]
 
介護向け住宅リフォーム事業を行う株式会社ユニバーサルスペース(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:遠藤 哉)は、介護リフォームで最もニーズの高い“手すり”の端材を使用して制作した3つの天守閣の模型を民家...

 介護向け住宅リフォーム事業を行う株式会社ユニバーサルスペース(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:遠藤 哉)は、介護リフォームで最もニーズの高い“手すり”の端材を使用して制作した3つの天守閣の模型を民家活用型小規模デイ・サービス3施設に9月16日(月)の敬老の日に寄贈しました。

当社は介護リフォームフランチャイズチェーン『介護リフォーム本舗』を全国に78店舗を展開し、現在までに工事実績は45,000件を超えています。最近では本業のリフォームだけでなく、要介護者の暮らしやすさを実現するリフォームの利便性や重要性の啓発にも努めています。

今回、ニューワンズ株式会社(本社:滋賀県大津市、代表取締役:新庄 一範)が運営する施設『真情デイ・サービス』の『きらめき』(住所:東京都江戸川区)、『西小岩』(住所:東京都江戸川区)、『細田』(住所:東京都葛飾区)に寄贈しました。城のシンボルとしての役目を担う天守閣は、手すりとして使用できなかった余った端材を使用して、全体を金色に仕上げました。ゴールドには金運に効果があり、身に着けると富や名誉や権力、幸福をもたらすと言われ、優れた浄化力を持ち、様々な病気の治療薬としても用いられています。



■好評 今年は3カ所に寄贈 要介護者が安心して生活できる家づくり啓発プロジェクト
天守閣の模型を制作する本プロジェクトは、リフォームの観点から介護分野・高齢者を元気づけすることを目的に昨年より実施しています。昨年は本社が中心となって1つの天守閣を制作。『幸せを呼ぶ金の天守閣』と名付けました。2回目の開催となる今回は、フランチャイズ加盟店から「参加したい」という声が上がり、法人加盟のフランチャイズ店4店舗が中心となって天守閣の模型を3つ制作。本社社員が指導しながら、法人加盟のフランチャイズ店2店舗22名が作業分担をして、約6週間かけて幅900mm×奥行900mm×高さ1500mmのサイズの天守閣を完成しました。

当日は敬老の日のお祝いのイベントの一環として、各施設で寄贈式をおこないました。『西小岩』では、施設利用者6名が参加しました。今月誕生日を迎える94歳の利用者が代表として、天守閣の模型に金色が塗られていない一部分に最後のひと塗りをしてもらい完成させました。
天守閣の模型を間近で見た高齢者は「ツキがきそう」「華やか」「元気になりそう」などの声があがり、プロジェクトに参加した社員からは「高齢者の方々の笑顔が見れて良かった」「想像していたより喜んでくれて良かった」など感想を述べました。今後は施設内の展示だけでなく、天守閣の模型は地域の方にも見られるように、地域のお祭りなどの機会にあわせて一般公開を検討しています。

また、昨年寄贈した高齢者グループホームの利用者に天守閣についてのアンケートをおこなったところ、「利用者同士の話題づくりになっている」「室内の雰囲気が明るくなった」など好評となっています。

■増加し続ける要介護者 安心・安全な生活支援が必要
日本が突き進んでいる高齢化社会は、同時に要介護者の社会でもあります。要介護認定を受けている方は2000年に218万人でしたが、僅か15年後の2015年には608万人に増大し、今後も増え続けると予想されています(平成28年・厚生労働省老健局調べ)。
また、高齢者の事故の実に77%が住居内で起こっており(平成29年・内閣府調べ)、多くが居室や階段などで発生しています。そのため、屋内の事故がきっかけで寝たきりや要介護者になる人も数多くいる現状です。
当社は、高齢者の安心・安全な生活支援として、手すりや段差解消などの介護リフォームをおこなっています。本プロジェクトを通じて、多くの方に手すりなどの介護リフォームを身近に感じてもらうきっかけにつながればと考えています。

今後も引き続き、高齢者の方に元気づけと地域の活性化を目的に、本プロジェクトを継続していきます。また、全国の介護リフォーム事業者にも本プロジェクトのような取り組みが拡大していき、全国に要介護者の暮らしやすさの創出につながればと考えています。



【プロジェクトの詳細】
名称:    『自立支援で必要不可欠の手すりを利用! 第2回天守閣作成プロジェクト』

スケジュール: 2019年8月2日 プロジェクトスタート
        2019年8月3日~8月31日  作業~完成
        2019年9月16日 敬老の日 高齢者デイ・サービス事業所へ寄贈

参加者:    法人契約をしているフランチャイズ店 2店舗
       ・介護リフォーム本舗 江戸川店(ニューワンズ株式会社) 東京都江戸川区西小岩3-7-2
       ・介護リフォーム本舗 葛飾店(株式会社サンセルモ) 東京都葛飾区立石1-2-11

模型サイズ:  約 幅900mm×奥行900mm×高さ1500mm

素材:     『介護リフォーム本舗』の協力の元、端材の部材を提供
       ・手すり
        サイズ :直径35mm又は32mm×2000mm
        端材の本数:300本以上

       ・補強板
        サイズ :縦80mm×横2000mm×幅15mm
        枚数 :150枚以上

使用方法:   手すりの端材を切断して、ブロックのようにパーツを積み上げていく。

作業工程:  「設計」「切断」「組立」「塗装」「運営管理」の5部門を
        希望者が責任を持って担当。

寄贈先:     真情デイ・サービスの3施設
       『きらめき』(住所:東京都江戸川区西小岩1-5-6)
       『西小岩』  (住所:東京都江戸川区西小岩3-7-2)
       『細田』 (住所:東京都葛飾区細田5-23-2)





【真情デイ・サービスについて】
ニューワンズ株式会社(本社:滋賀県大津市、代表取締役:新庄 一範)が運営する『真情デイ・サービス』は、民家活用型小規模デイ・サービスを提供。「認知症ゼロ社会を実現し、認知症を希望に変えること」を目指し、「一人ひとりの笑顔と一日一日の歓びのために、笑いとぬくもりあふれる場をつくり続ける」ことを使命として活動し、滋賀県に7施設、東京に3施設を展開しています。

【店舗概要】
店 名   :介護リフォーム本舗
設 立   :2013 年
店舗数   :全国に78店舗 (直営店は4店舗)
     (宮城県1店舗、岩手県1店舗、東京都16店舗、
      神奈川県12店舗、埼玉県11店舗、群馬県2店舗、
      茨城県1店舗、栃木県1店舗、千葉県7店舗、山梨県1店舗
      愛知県4店舗、岐阜県1店舗、静岡県3店舗、大阪府5店舗、
      兵庫県1店舗、福井県1店舗、富山県1店舗、石川県1店舗、
      広島県2店舗、福岡県2店舗、熊本県1店舗、大分県2店舗
      鹿児島県1店舗)
URL  :https://kaigor.com/

工事実績 :45,000 件
      2013 年度 3,700 件 / 2014 年度 4,000 件 / 2015 年度 4,200 件
      2016 年度 5,000 件 / 2017 年度 7,100 件 / 2018 年度 8,500 件

売上高  :2013 年 12 月 3 億 6,500 万円 / 2014 年 12 月 3 億 8,300 万円
      2015 年 12 月 4 億 1,700 万円 / 2016 年 12 月 4 億 6,100 万円
      2017 年 12 月 6 億 2,600 万円 / 2018 年 12 月 7 億 8,200 万円

特 徴  :・業務を効率的に回し、単価が低くても収益につなげるビジネスモデルを構築しフランチャイズ化。
      発明の名称「介護リフォーム支援システム」特許第 6222945 号
     ・介護事業者や施工を実施するリフォーム業者との連携をネットワーク上でシステム化。
      見積作成、介護保険の申請書類の作成、顧客情報、工事内容、部材の手配などの事務作業を
      一括で管理できるクラウドシステムを構築。
     ・ 画像認識 AI(人工知能)を活用し、介護リフォーム工事の見積作成を自動化するアプリを開発。
      発明の名称「リフォーム業務支援システム リフォーム業務支援サーバー」特許第 6391206 号

【会社概要】
社名    :株式会社ユニバーサルスペース
代表     :遠藤 哉
本社     :神奈川県横浜市戸塚区戸塚町3002
ホームページ :https://universalspace.jp/
TEL     :045-392-6015
設立     :2009年1月
資本金    :2,000万円
従業員数 :30名
事業内容 :フランチャイズ事業/介護リフォーム/リフォーム/設計監理・施工管理業務/
       宅地建物取引業/保険代理業
       支援システム リフォーム業務支援サーバー」特許第 6391206 号

<本件に関する問い合わせ先>
ユニバーサルスペース広報事務局  担当: 杉村(携帯:070-1389-0175)
TEL:03-5411-0066  FAX:03-3401-7788  E-mail:pr@netamoto.co.jp





配信元企業:株式会社ユニバーサルスペース
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ
 株式会社ユニバーサルスペース
[Fri, 20 Sep 2019 14:00:00 +0900]

■[愛知県]“手すり”の端材を使用 高さ1.5mの模型 今年は3カ所に寄贈 黄金の天守閣プロジェクト 介護リフォームでシニアに元気づけ 増加しつづける要介護者 居室、階段・・・家庭内事故は7割以上
[イベント・セミナー][医療、福祉]
 
介護向け住宅リフォーム事業を行う株式会社ユニバーサルスペース(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:遠藤 哉)は、介護リフォームで最もニーズの高い“手すり”の端材を使用して制作した3つの天守閣の模型を民家...

 介護向け住宅リフォーム事業を行う株式会社ユニバーサルスペース(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:遠藤 哉)は、介護リフォームで最もニーズの高い“手すり”の端材を使用して制作した3つの天守閣の模型を民家活用型小規模デイ・サービス3施設に9月16日(月)の敬老の日に寄贈しました。

当社は介護リフォームフランチャイズチェーン『介護リフォーム本舗』を全国に78店舗を展開し、現在までに工事実績は45,000件を超えています。最近では本業のリフォームだけでなく、要介護者の暮らしやすさを実現するリフォームの利便性や重要性の啓発にも努めています。

今回、ニューワンズ株式会社(本社:滋賀県大津市、代表取締役:新庄 一範)が運営する施設『真情デイ・サービス』の『きらめき』(住所:東京都江戸川区)、『西小岩』(住所:東京都江戸川区)、『細田』(住所:東京都葛飾区)に寄贈しました。城のシンボルとしての役目を担う天守閣は、手すりとして使用できなかった余った端材を使用して、全体を金色に仕上げました。ゴールドには金運に効果があり、身に着けると富や名誉や権力、幸福をもたらすと言われ、優れた浄化力を持ち、様々な病気の治療薬としても用いられています。



■好評 今年は3カ所に寄贈 要介護者が安心して生活できる家づくり啓発プロジェクト
天守閣の模型を制作する本プロジェクトは、リフォームの観点から介護分野・高齢者を元気づけすることを目的に昨年より実施しています。昨年は本社が中心となって1つの天守閣を制作。『幸せを呼ぶ金の天守閣』と名付けました。2回目の開催となる今回は、フランチャイズ加盟店から「参加したい」という声が上がり、法人加盟のフランチャイズ店4店舗が中心となって天守閣の模型を3つ制作。本社社員が指導しながら、法人加盟のフランチャイズ店2店舗22名が作業分担をして、約6週間かけて幅900mm×奥行900mm×高さ1500mmのサイズの天守閣を完成しました。

当日は敬老の日のお祝いのイベントの一環として、各施設で寄贈式をおこないました。『西小岩』では、施設利用者6名が参加しました。今月誕生日を迎える94歳の利用者が代表として、天守閣の模型に金色が塗られていない一部分に最後のひと塗りをしてもらい完成させました。
天守閣の模型を間近で見た高齢者は「ツキがきそう」「華やか」「元気になりそう」などの声があがり、プロジェクトに参加した社員からは「高齢者の方々の笑顔が見れて良かった」「想像していたより喜んでくれて良かった」など感想を述べました。今後は施設内の展示だけでなく、天守閣の模型は地域の方にも見られるように、地域のお祭りなどの機会にあわせて一般公開を検討しています。

また、昨年寄贈した高齢者グループホームの利用者に天守閣についてのアンケートをおこなったところ、「利用者同士の話題づくりになっている」「室内の雰囲気が明るくなった」など好評となっています。

■増加し続ける要介護者 安心・安全な生活支援が必要
日本が突き進んでいる高齢化社会は、同時に要介護者の社会でもあります。要介護認定を受けている方は2000年に218万人でしたが、僅か15年後の2015年には608万人に増大し、今後も増え続けると予想されています(平成28年・厚生労働省老健局調べ)。
また、高齢者の事故の実に77%が住居内で起こっており(平成29年・内閣府調べ)、多くが居室や階段などで発生しています。そのため、屋内の事故がきっかけで寝たきりや要介護者になる人も数多くいる現状です。
当社は、高齢者の安心・安全な生活支援として、手すりや段差解消などの介護リフォームをおこなっています。本プロジェクトを通じて、多くの方に手すりなどの介護リフォームを身近に感じてもらうきっかけにつながればと考えています。

今後も引き続き、高齢者の方に元気づけと地域の活性化を目的に、本プロジェクトを継続していきます。また、全国の介護リフォーム事業者にも本プロジェクトのような取り組みが拡大していき、全国に要介護者の暮らしやすさの創出につながればと考えています。



【プロジェクトの詳細】
名称:    『自立支援で必要不可欠の手すりを利用! 第2回天守閣作成プロジェクト』

スケジュール: 2019年8月2日 プロジェクトスタート
        2019年8月3日~8月31日  作業~完成
        2019年9月16日 敬老の日 高齢者デイ・サービス事業所へ寄贈

参加者:    法人契約をしているフランチャイズ店 2店舗
       ・介護リフォーム本舗 江戸川店(ニューワンズ株式会社) 東京都江戸川区西小岩3-7-2
       ・介護リフォーム本舗 葛飾店(株式会社サンセルモ) 東京都葛飾区立石1-2-11

模型サイズ:  約 幅900mm×奥行900mm×高さ1500mm

素材:     『介護リフォーム本舗』の協力の元、端材の部材を提供
       ・手すり
        サイズ :直径35mm又は32mm×2000mm
        端材の本数:300本以上

       ・補強板
        サイズ :縦80mm×横2000mm×幅15mm
        枚数 :150枚以上

使用方法:   手すりの端材を切断して、ブロックのようにパーツを積み上げていく。

作業工程:  「設計」「切断」「組立」「塗装」「運営管理」の5部門を
        希望者が責任を持って担当。

寄贈先:     真情デイ・サービスの3施設
       『きらめき』(住所:東京都江戸川区西小岩1-5-6)
       『西小岩』  (住所:東京都江戸川区西小岩3-7-2)
       『細田』 (住所:東京都葛飾区細田5-23-2)





【真情デイ・サービスについて】
ニューワンズ株式会社(本社:滋賀県大津市、代表取締役:新庄 一範)が運営する『真情デイ・サービス』は、民家活用型小規模デイ・サービスを提供。「認知症ゼロ社会を実現し、認知症を希望に変えること」を目指し、「一人ひとりの笑顔と一日一日の歓びのために、笑いとぬくもりあふれる場をつくり続ける」ことを使命として活動し、滋賀県に7施設、東京に3施設を展開しています。

【店舗概要】
店 名   :介護リフォーム本舗
設 立   :2013 年
店舗数   :全国に78店舗 (直営店は4店舗)
     (宮城県1店舗、岩手県1店舗、東京都16店舗、
      神奈川県12店舗、埼玉県11店舗、群馬県2店舗、
      茨城県1店舗、栃木県1店舗、千葉県7店舗、山梨県1店舗
      愛知県4店舗、岐阜県1店舗、静岡県3店舗、大阪府5店舗、
      兵庫県1店舗、福井県1店舗、富山県1店舗、石川県1店舗、
      広島県2店舗、福岡県2店舗、熊本県1店舗、大分県2店舗
      鹿児島県1店舗)
URL  :https://kaigor.com/

工事実績 :45,000 件
      2013 年度 3,700 件 / 2014 年度 4,000 件 / 2015 年度 4,200 件
      2016 年度 5,000 件 / 2017 年度 7,100 件 / 2018 年度 8,500 件

売上高  :2013 年 12 月 3 億 6,500 万円 / 2014 年 12 月 3 億 8,300 万円
      2015 年 12 月 4 億 1,700 万円 / 2016 年 12 月 4 億 6,100 万円
      2017 年 12 月 6 億 2,600 万円 / 2018 年 12 月 7 億 8,200 万円

特 徴  :・業務を効率的に回し、単価が低くても収益につなげるビジネスモデルを構築しフランチャイズ化。
      発明の名称「介護リフォーム支援システム」特許第 6222945 号
     ・介護事業者や施工を実施するリフォーム業者との連携をネットワーク上でシステム化。
      見積作成、介護保険の申請書類の作成、顧客情報、工事内容、部材の手配などの事務作業を
      一括で管理できるクラウドシステムを構築。
     ・ 画像認識 AI(人工知能)を活用し、介護リフォーム工事の見積作成を自動化するアプリを開発。
      発明の名称「リフォーム業務支援システム リフォーム業務支援サーバー」特許第 6391206 号

【会社概要】
社名    :株式会社ユニバーサルスペース
代表     :遠藤 哉
本社     :神奈川県横浜市戸塚区戸塚町3002
ホームページ :https://universalspace.jp/
TEL     :045-392-6015
設立     :2009年1月
資本金    :2,000万円
従業員数 :30名
事業内容 :フランチャイズ事業/介護リフォーム/リフォーム/設計監理・施工管理業務/
       宅地建物取引業/保険代理業
       支援システム リフォーム業務支援サーバー」特許第 6391206 号

<本件に関する問い合わせ先>
ユニバーサルスペース広報事務局  担当: 杉村(携帯:070-1389-0175)
TEL:03-5411-0066  FAX:03-3401-7788  E-mail:pr@netamoto.co.jp





配信元企業:株式会社ユニバーサルスペース
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ
 株式会社ユニバーサルスペース
[Fri, 20 Sep 2019 14:00:00 +0900]

■[岐阜県]“手すり”の端材を使用 高さ1.5mの模型 今年は3カ所に寄贈 黄金の天守閣プロジェクト 介護リフォームでシニアに元気づけ 増加しつづける要介護者 居室、階段・・・家庭内事故は7割以上
[イベント・セミナー][医療、福祉]
 
介護向け住宅リフォーム事業を行う株式会社ユニバーサルスペース(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:遠藤 哉)は、介護リフォームで最もニーズの高い“手すり”の端材を使用して制作した3つの天守閣の模型を民家...

 介護向け住宅リフォーム事業を行う株式会社ユニバーサルスペース(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:遠藤 哉)は、介護リフォームで最もニーズの高い“手すり”の端材を使用して制作した3つの天守閣の模型を民家活用型小規模デイ・サービス3施設に9月16日(月)の敬老の日に寄贈しました。

当社は介護リフォームフランチャイズチェーン『介護リフォーム本舗』を全国に78店舗を展開し、現在までに工事実績は45,000件を超えています。最近では本業のリフォームだけでなく、要介護者の暮らしやすさを実現するリフォームの利便性や重要性の啓発にも努めています。

今回、ニューワンズ株式会社(本社:滋賀県大津市、代表取締役:新庄 一範)が運営する施設『真情デイ・サービス』の『きらめき』(住所:東京都江戸川区)、『西小岩』(住所:東京都江戸川区)、『細田』(住所:東京都葛飾区)に寄贈しました。城のシンボルとしての役目を担う天守閣は、手すりとして使用できなかった余った端材を使用して、全体を金色に仕上げました。ゴールドには金運に効果があり、身に着けると富や名誉や権力、幸福をもたらすと言われ、優れた浄化力を持ち、様々な病気の治療薬としても用いられています。



■好評 今年は3カ所に寄贈 要介護者が安心して生活できる家づくり啓発プロジェクト
天守閣の模型を制作する本プロジェクトは、リフォームの観点から介護分野・高齢者を元気づけすることを目的に昨年より実施しています。昨年は本社が中心となって1つの天守閣を制作。『幸せを呼ぶ金の天守閣』と名付けました。2回目の開催となる今回は、フランチャイズ加盟店から「参加したい」という声が上がり、法人加盟のフランチャイズ店4店舗が中心となって天守閣の模型を3つ制作。本社社員が指導しながら、法人加盟のフランチャイズ店2店舗22名が作業分担をして、約6週間かけて幅900mm×奥行900mm×高さ1500mmのサイズの天守閣を完成しました。

当日は敬老の日のお祝いのイベントの一環として、各施設で寄贈式をおこないました。『西小岩』では、施設利用者6名が参加しました。今月誕生日を迎える94歳の利用者が代表として、天守閣の模型に金色が塗られていない一部分に最後のひと塗りをしてもらい完成させました。
天守閣の模型を間近で見た高齢者は「ツキがきそう」「華やか」「元気になりそう」などの声があがり、プロジェクトに参加した社員からは「高齢者の方々の笑顔が見れて良かった」「想像していたより喜んでくれて良かった」など感想を述べました。今後は施設内の展示だけでなく、天守閣の模型は地域の方にも見られるように、地域のお祭りなどの機会にあわせて一般公開を検討しています。

また、昨年寄贈した高齢者グループホームの利用者に天守閣についてのアンケートをおこなったところ、「利用者同士の話題づくりになっている」「室内の雰囲気が明るくなった」など好評となっています。

■増加し続ける要介護者 安心・安全な生活支援が必要
日本が突き進んでいる高齢化社会は、同時に要介護者の社会でもあります。要介護認定を受けている方は2000年に218万人でしたが、僅か15年後の2015年には608万人に増大し、今後も増え続けると予想されています(平成28年・厚生労働省老健局調べ)。
また、高齢者の事故の実に77%が住居内で起こっており(平成29年・内閣府調べ)、多くが居室や階段などで発生しています。そのため、屋内の事故がきっかけで寝たきりや要介護者になる人も数多くいる現状です。
当社は、高齢者の安心・安全な生活支援として、手すりや段差解消などの介護リフォームをおこなっています。本プロジェクトを通じて、多くの方に手すりなどの介護リフォームを身近に感じてもらうきっかけにつながればと考えています。

今後も引き続き、高齢者の方に元気づけと地域の活性化を目的に、本プロジェクトを継続していきます。また、全国の介護リフォーム事業者にも本プロジェクトのような取り組みが拡大していき、全国に要介護者の暮らしやすさの創出につながればと考えています。



【プロジェクトの詳細】
名称:    『自立支援で必要不可欠の手すりを利用! 第2回天守閣作成プロジェクト』

スケジュール: 2019年8月2日 プロジェクトスタート
        2019年8月3日~8月31日  作業~完成
        2019年9月16日 敬老の日 高齢者デイ・サービス事業所へ寄贈

参加者:    法人契約をしているフランチャイズ店 2店舗
       ・介護リフォーム本舗 江戸川店(ニューワンズ株式会社) 東京都江戸川区西小岩3-7-2
       ・介護リフォーム本舗 葛飾店(株式会社サンセルモ) 東京都葛飾区立石1-2-11

模型サイズ:  約 幅900mm×奥行900mm×高さ1500mm

素材:     『介護リフォーム本舗』の協力の元、端材の部材を提供
       ・手すり
        サイズ :直径35mm又は32mm×2000mm
        端材の本数:300本以上

       ・補強板
        サイズ :縦80mm×横2000mm×幅15mm
        枚数 :150枚以上

使用方法:   手すりの端材を切断して、ブロックのようにパーツを積み上げていく。

作業工程:  「設計」「切断」「組立」「塗装」「運営管理」の5部門を
        希望者が責任を持って担当。

寄贈先:     真情デイ・サービスの3施設
       『きらめき』(住所:東京都江戸川区西小岩1-5-6)
       『西小岩』  (住所:東京都江戸川区西小岩3-7-2)
       『細田』 (住所:東京都葛飾区細田5-23-2)





【真情デイ・サービスについて】
ニューワンズ株式会社(本社:滋賀県大津市、代表取締役:新庄 一範)が運営する『真情デイ・サービス』は、民家活用型小規模デイ・サービスを提供。「認知症ゼロ社会を実現し、認知症を希望に変えること」を目指し、「一人ひとりの笑顔と一日一日の歓びのために、笑いとぬくもりあふれる場をつくり続ける」ことを使命として活動し、滋賀県に7施設、東京に3施設を展開しています。

【店舗概要】
店 名   :介護リフォーム本舗
設 立   :2013 年
店舗数   :全国に78店舗 (直営店は4店舗)
     (宮城県1店舗、岩手県1店舗、東京都16店舗、
      神奈川県12店舗、埼玉県11店舗、群馬県2店舗、
      茨城県1店舗、栃木県1店舗、千葉県7店舗、山梨県1店舗
      愛知県4店舗、岐阜県1店舗、静岡県3店舗、大阪府5店舗、
      兵庫県1店舗、福井県1店舗、富山県1店舗、石川県1店舗、
      広島県2店舗、福岡県2店舗、熊本県1店舗、大分県2店舗
      鹿児島県1店舗)
URL  :https://kaigor.com/

工事実績 :45,000 件
      2013 年度 3,700 件 / 2014 年度 4,000 件 / 2015 年度 4,200 件
      2016 年度 5,000 件 / 2017 年度 7,100 件 / 2018 年度 8,500 件

売上高  :2013 年 12 月 3 億 6,500 万円 / 2014 年 12 月 3 億 8,300 万円
      2015 年 12 月 4 億 1,700 万円 / 2016 年 12 月 4 億 6,100 万円
      2017 年 12 月 6 億 2,600 万円 / 2018 年 12 月 7 億 8,200 万円

特 徴  :・業務を効率的に回し、単価が低くても収益につなげるビジネスモデルを構築しフランチャイズ化。
      発明の名称「介護リフォーム支援システム」特許第 6222945 号
     ・介護事業者や施工を実施するリフォーム業者との連携をネットワーク上でシステム化。
      見積作成、介護保険の申請書類の作成、顧客情報、工事内容、部材の手配などの事務作業を
      一括で管理できるクラウドシステムを構築。
     ・ 画像認識 AI(人工知能)を活用し、介護リフォーム工事の見積作成を自動化するアプリを開発。
      発明の名称「リフォーム業務支援システム リフォーム業務支援サーバー」特許第 6391206 号

【会社概要】
社名    :株式会社ユニバーサルスペース
代表     :遠藤 哉
本社     :神奈川県横浜市戸塚区戸塚町3002
ホームページ :https://universalspace.jp/
TEL     :045-392-6015
設立     :2009年1月
資本金    :2,000万円
従業員数 :30名
事業内容 :フランチャイズ事業/介護リフォーム/リフォーム/設計監理・施工管理業務/
       宅地建物取引業/保険代理業
       支援システム リフォーム業務支援サーバー」特許第 6391206 号

<本件に関する問い合わせ先>
ユニバーサルスペース広報事務局  担当: 杉村(携帯:070-1389-0175)
TEL:03-5411-0066  FAX:03-3401-7788  E-mail:pr@netamoto.co.jp





配信元企業:株式会社ユニバーサルスペース
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ
 株式会社ユニバーサルスペース
[Fri, 20 Sep 2019 14:00:00 +0900]


| 掲載内容がおかしいなと思ったら… | プライバシーポリシー | リンク及び著作権について | お問合せ | 特定商取引法に基づく表記 | バナー掲載について | 出店のご案内 | 掲載企業・店舗会員ログイン |